Matador(マタドール)のFlatpak Soap Bar case(フラットパック・ソープバーケース)を購入とレビュー

人気のマタドール フラットパック・ソープバーケースを再入荷で即購入

以前スマートニュースの記事で知り、すぐに輸入代理店のサイトに飛ぶも既にに売り切れており、再入荷お知らせメールに登録し待つこと3ヶ月。再入荷のメールが届きすぐに購入しました。
翌日にサイトを見てみるともう売り切れになっていました。すごい人気のようです。急いで買ってよかった。

ポリ袋ではドロドロになってしまう

キャンプに持って行く石鹸は普通のプラスチックのケースだと嵩張るので石鹸にちょうど良いサイズのチャック付ポリ袋(ジップロックのようなもの)に入れていました。
キャンプでの石鹸は家庭の洗面所と違い使用後はすぐに袋に入れてしまうので乾く暇がありません。ある程度水を切ったつもりでも次に使うときは中身がドロドロになりビニールとくっついて取り出しづらくなってしまいます。

透湿防水素材の石鹸ケース

アウトドアウェアや釣りのウェーダーなど透湿防水素材のものはいくつか持っていましたが、石鹸ケースに透湿防水素材なんて考えもしませんでした。衣類としてしか見ていませんでしたが、濡れた物を入れる袋として最適だったんですね。
この石鹸ケースは密閉した状態でも濡れた石鹸が翌朝には乾くらしいです。しかも外側はしっかり防水。ロールトップ開閉式なので石鹸の大きさに合わせて小さくなります。
同じ素材で歯ブラシなどの洗面道具に良さそうなトイレトリーケースもあります。

実際に使ってみた

さっそくキャンプに持って行って使ってみました。
違いが出るのは濡れた石鹸を仕舞った翌日の使用感ですから、初めて使うときは至って普通です。
いくら透湿素材だからといっても水浸しでは乾燥まで時間がかかるので、滴らない程度に水気を切ってから仕舞いました。
次にこのソープバーケースをどこに置くかですが、防水バッグや洗面道具ポーチなどに密閉してしまうと逃がす湿気の行き場がなく効率が悪いので通気性の良い場所を選びます。
ロールトップを巻いてバックルを閉じると輪になるので、私はチェアのポールに吊しておきました。テントのガイロープやポールにぶら下げるなど通気性が良ければどこでも良いと思いますが、寝ている間に風で飛ばされないようにしましょう。それと、使用直後でまだ熱い焚き火台に触れると穴が開いてしまうのでそこも注意が必要です。

翌朝の石鹸の状態は?

ソープバーケースを通気性の良い場所に一晩吊して翌朝取り出してみるとサラサラに乾いていました!前掲の写真のようなドロドロになったポリ袋とは雲泥の差です。
当日も最後まで使用しましたが、帰宅する時も仕舞い込まずザックやバッグの外側に吊しておけば帰宅するまで効率よく乾かすことができます。
地味な商品ですがお気に入りのキャンプ道具の一つになりました。
マタドールのフラットパック・ソープバーケース、おすすめです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました