UCOの焚火台を改造してロストルを製作

相棒の焚き火台

2019年の秋に購入して以来お気に入りの焚き火台です。
収納時27×18×3cmのサイズはB5のコピー用紙を重ねて3cm厚にしたものと考えればいいですね。
このサイズなので嵩張らずバックパックの隙間に滑り込ませておくことができます。
使用時の焼き面は約24×17cmで、これもほぼB5なのでソロには丁度良いです。
もう25回くらい使用したでしょうか、良い感じに焼けています。

ロストルがないので…

炭にしろ薪にしろ、着火剤やガスバーナーで着火する場合は別ですが、小枝やフェザースティックとライター(遊びでフェロロッドを使うことも)で小さい火から育てる場合、ロストルがないと焚き火台の底のV字の部分が狭く空気の通り道がないので酸欠になってしまいなかなか着火しません。

パンチングメタルでロストルを製作

ホームセンターでステンレス製のパンチングメタルプレートとステンレス棒を購入しました。
プレートは切りっぱなしではフチで手をケガする危険があるので少し大きめにカットして四辺を折り込みました。このまま置いただけでは少し動かしただけで倒れてしまうのでステンレス棒を曲げて作った橋の上に乗せました。これなら火ばさみでガシガシ動かしても倒れることはありません。

良く燃えるようになった!

このロストルを使うようになってからは黒い燃えカスなど残らず、フワフワの真っ白な灰しか残らないようになりました。完全燃焼です。

使い勝手と収納に影響なし

部品点数が増えたので、ただ開くだけよりひと手間かかるようになりましたが、棒を挿して板を乗せるだけのせいぜい10秒程度なので使い勝手には全く影響ありません。これらは収納ケースにも収まります。
この状態でもう10回くらいは使っていますが今のところ改良点は見当たらないですね。
これからもガンガン使っていきます。

しばらく使ってみて気付いたこと

焚き火のことだけを考えれば薪を山盛りにしても問題ないのですが、コッヘル(クッカー)を乗せるために網をセットすると、ロストルで上げ底になった分、上部の空間が狭くなり入れられる薪の量が少なくなっていました。
これを解消するため、テンレス棒を外してロストルの位置を下げ上部の容量を稼ぐことにしました。

少し改良してみる

これまでの板状のロストルはテンレス棒がないと倒れてしまいましたが、通気を確保できるような形にして底に直接置くことにしました。
本体のV字の角度に合わせて新たに作り直そうかとも思いましたが、とりあえず今あるものを適当に曲げてみました。この形が意外に安定しているようで2回使用しましたがずれることはありませんでした。

容量が増えたのでより多くの薪を入れることができるようになりました。今までは次々と薪をくべなければなりませんでしたが少しのんびりできるようになり火力も上がりました。収納も純正ケースに収まります。

汚いでしょう。
掃除したり洗ったりしたことはないし、するつもりもありません。

いつものスタイル

クッカーを2段重ねて下は炊飯、上はレトルト食品の湯煎というスタイルです。
上のクッカーは炊飯中のフタの重し兼余熱利用という合理性。炊飯が良い具合に進んだら上下を入れ替え湯煎を強火で沸騰させつつ上で炊飯の蒸らし。
レトルト食品がカレー・牛丼・中華丼で変わるくらいで基本的にこれしかやりません。もっとキャンプ飯を楽しめば?という意見もありますが、キャンプは目的ではなく手段でしかないので釣りメインのソロならこんなものでしょう。
自分のキャンプスタイルが味気ないのは自覚していますからキャンプを主目的にしている人と一緒の時はバーベキュー的なことをしたりもします。しかし人に合わせるのは疲れるしギリギリまで釣りをしていたいのでやっぱりキャンプはソロが好きです。

食事が済んだら少し薪を追加して炎を眺めたり流れ星を探したりしながら飲酒。薪を燃やしきったらさっさと寝ます。

新調したクッカーは避けていたあのブランド

今まで使っていたクッカーは子供の頃父と一緒にキャンプしていた時からのもので30年以上前のものでした。まだ使えるし思い出もあるのですが、フタが皿やフライパンとして使えないのがどうしても不便で買い替えることにしました。
フタが使えるものとなると以外と少ないんですね。色々と検討したのですが最終的にスノーピークのアルミパーソナルクッカーセットになってしまいました。
このブランドの商品の大半は値段と価値が合っていないと思っていますしブランドでしか道具を選べない初心者のようで嫌でしたが、このクッカーセットは普通の値段だし良い物だと思います。大小入れ子になっておりそれぞれのフタがちゃんと役に立ちます。
2021年の5月に購入して10月までで25回キャンプをして夕食と翌朝ですから50回使ったことになりますが何の不満もありません。1セット持っていれば大小のクッカーにそれぞれのフタで4アイテムですからソロでは十分です。ロゴはフタにうっすらとしか入っておらず、使っていくうちに傷に紛れて見えなくなり恥ずかしくないのも良いです。人のいない所で野営するので誰かに見られるということもないのですが。

ところで、この商品名が「クッカー」なのでここではクッカーと書いていますが私は普段これのことを「コッヘル(ドイツ語)」と言ってしまいます。殆どのカタカナは英語なのにこれだけドイツ語はおかしいのでクッカーと呼んだ方が良いのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました